スポンサーリンク

頭骨と脳を結ぶ「秘密のトンネル」が発見される:脳障害時に免疫細胞を送り込む経路[09/04]

トレンドニュース
1: 2018/09/10(月) 16:11:02.19 _USER
米国の研究チームはこのほど、頭骨と脳を直接結ぶごく小さなトンネルが存在することを発見した。脳卒中などで脳が損傷を受けたときに免疫細胞を迅速に送り込む経路とみられ、これまでそのルートは知られていなかった。

■脳障害時に送り込まれる免疫細胞
ハーバード大学医学大学院のマティアス・ナーレンドーフ博士が率いた研究で、研究を助成した米国立衛生研究所(NIH)が発表。神経科学分野の学術誌「Nature Neuroscience」に論文が掲載された。

NIHによると、医学界では従来、腕や脚の骨の骨髄で作られた免疫細胞が血液を介して移動し、損傷した脳細胞に送られると考えられていたという。

■マウス体内の「好中球」の移動に注目
研究チームは、免疫細胞のうち、損傷を受けた部位へ早期に到達する「好中球」(白血球の一種)に注目。まずマウスを用いて、脳卒中と心臓発作の2つのケースで、体内中の好中球量の変化を調べた。

脳卒中を起こしたマウスを6時間後に調べたところ、頭骨の骨髄に含まれる好中球は、脛骨の骨髄に含まれる好中球よりも減少していた。頭骨の骨髄からより多くの好中球が脳の損傷部位に送り込まれたと考えられる。

これに対し、心臓発作を起こしたマウスでは、頭骨と脛骨から心臓に送られた好中球の量は同程度だった。心臓の位置は頭骨と脛骨のどちらからも遠い。

■「未知のトンネル」を発見
研究チームは次に、好中球がどのように破損した脳組織へ到達するのかを注意深く観察。先進的な撮像技術を使い、頭骨の骨髄と脳の内膜を直接結ぶ、ごく小さなトンネルを発見した。

通常時、この経路を通じて血液が脳から骨髄へ流れている。だが脳卒中の後、好中球が反対方向へ、つまり骨髄から脳の損傷組織へ移動するのが観察された。

チームはさらに、外科手術から得られた人間の頭骨の詳細な画像から、マウスと同様の経路が存在することを発見した。人間とマウスそれぞれの頭骨の経路を直径で比較すると、人間の経路は5倍大きいという。

これらの結果から、頭骨と脳を結ぶトンネルは、脳が損傷した際に免疫細胞を迅速に送り込む「近道」として機能しているのではないかと、研究チームは推論した。今後の研究では、この経路をほかの細胞が移動しているかどうかや、こうした構造が健康や疾病に関してどんな役割を担っているのかを調べていきたいとしている。

no title

no title

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/post-10898.php


スポンサーリンク


7: 2018/09/10(月) 16:29:03.12
>>1
はたらく細胞のキャラで読んでしまう

2: 2018/09/10(月) 16:12:04.18
おー脳ー!


スポンサーリンク


3: 2018/09/10(月) 16:12:52.03
あぁ~見つかっちゃったか

4: 2018/09/10(月) 16:16:05.25
つまり 5ちゃんにとって わたしは免疫細胞ってことだろw

わたしからは以上だな ミカエル(悟ったもの)より。


スポンサーリンク


5: 2018/09/10(月) 16:21:18.23
血液脳関門はないんか

6: 2018/09/10(月) 16:23:48.26
骨は生きていた!?
骨の穴に細胞の関門でもあるのかな?


スポンサーリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で@勝之助をフォローしよう!

トレンドニュース
スポンサーリンク
katsunosukeをフォローする
スポンサーリンク
トレンドニュースアンテナサイト勝之助